人気ブログランキング |

REISSUE VINTAGE&SELECT WEAR

reissue.exblog.jp ブログトップ

Jay-Z

『音楽に境界線なんて無い。』




『Glastonbury Festival』:イギリスが世界に誇るロックフェス。

オアシスのノエル・ギャラガーは、2008年のヘッドライナーに抜擢されたジェイ・Zに対し、
「“壊れていないものは修理するな”だ。(主催者が同フェスの長年の伝統を)壊してこれまでと違うことをし始めるのなら、観衆はみんな行かなくなるだろうよ。悪いがな、ジェイ・Zだって? あり得ない。グラストンベリーはギター・ミュージックってキマリがあるだろ。俺は、グラストンベリーにヒップホップなんて許さねえよ。間違っている。」と、ジェイ・Zのヘッドライナー出演に苦言を呈し、ロックの聖地と考えられている同フェスの路線変更を嘆いた。

ノエルのこの発言によって方々で議論が巻き起こる中、主催者のイービス親子は、「どうして、彼(ノエル)が口出してくるんだ?失望したね。彼は(グラストンベリーは)ギター・バンドの場だって言ったけど、その通り、たくさんのギター・バンドがプレイすることになっている」と反論し、コールドプレイのクリス・マーティンは「彼は世界1のラッパー。(ジェイ・Z抜擢の)この騒ぎにはちょっと恥ずかしいとさえ思っているよ」とジェイ・Zを擁護するコメントを発した。

渦中のジェイ・Z本人は、この時代、そういった(ロックやヒップホップに)境界線があるほうがおかしいとする持論を展開。「音楽を分類したがる奴らもいる。でも、いまの若者は音楽をそういう風に聴いていないだろ。俺はどんなタイプのものでも聴く。そうであるべきだと思っている。それが今の世界だ。いろんなカルチャーがミックスされているべきだ。(分けるとしたら)いい音楽か、悪い音楽かってだけだ。」そして「新しいものを受け入れないで、どうやって発展していくってんだ?全くもって古い考え方だ。世の中の動きについていっていない。(批判されて)ほんと驚いた」と反論した。

同フェス史上最も賛否を呼んだジェイ・Zのヘッドライン。そのパフォーマンスにおいてジェイ・Zは、BBCのテレビ番組にて、ジェイ・Z批判を行っているノエルのインタビュー映像をビッグ・スクリーンに映し出しショウをスタート。ギターを抱えてステージに登場するや、こともあろうにオアシスの「Wonderwall」をカヴァー。そのまま、AC/DCのギターリフをサンプリングしている自身の楽曲「99 Problems」になだれ込むという「ロックフェスでのヒップホップ・パフォーマンス」を発揮して、世界の音楽業界を賑わしたこの珍騒動を自らの手でエンターテイメントに昇華させたのであった。


その映像がこちら・・

2本続けてどうぞ♫







鳥肌経ちませんか・・???


昨日の菅野美穂同様に一発で惚れました。。(笑)


『本物に境界線なんて無い。』


是非、御覧下さい♪♪
by reissue2008 | 2011-02-06 20:34 | 音もの♫

VINTAGE&SELECT WEAR        ''REISSUE''       〒531-0072大阪府大阪市北区豊崎3-3-14豊崎ビル1F      TEL0663762769 E-mail:reissue2008@excite.co.jp


by reissue2008
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30